読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家事嫌いなのに節約しながら2人の男の子育児する

家事が嫌いです。夫は収入19万。節約しながら家事と戦いながら2人の男児育てます。

kazigirai

2人の男の子育児中。でもおかんは家事嫌い。そんな私はだからこそ日々家事をラクにする術を考える
掃除嫌いがキレイを保持する
家事嫌いが考えるレシピの選び方
片づけ嫌いのお皿洗い嫌いの私の対策、物を減らすこと。

家事はきらい、でも片付け収納の本は好き。雑誌かぞくのじかんは必ず買うの。

昔から本は好きでとくに主婦になってからというものの実用書やら雑誌に心うばわれる。

とくに片付け・収納。

 

掃除はやっぱ苦手てか嫌いなので…とりあえず片付けたいという願望の方が強いので…そういう本が大好きです。

 

家事嫌いなのにね。

そんな私、好きな雑誌がありまして。ファッション系はとんと読まないのにこの雑誌だけは購入しています・・・

f:id:nimamen:20160322211259j:plain

こないだも新しいのが出ていたので購入。

季節ごとの発行なので忘れたころに発売しているという「かぞくのじかん」という雑誌。

今回の3月号は

片付け話題ではなかったのでちょっと残念。

テーマは気を重くしない献立作り。

働くお母さんにむけて、献立の考え方について提案してありました。

私はまだ専業なのですが、ぜんぜん参考になる内容でした。料理も作るのは好きだけどもメニューに思い悩むので。。。

 

そんな1日悩む献立作りもパターンを決めて定番料理や野菜たっぷりのスープなどなど。

それに1週間分の献立例など参考になるものがたくさん掲載されています。

f:id:nimamen:20160322212947j:plain

かぞくのじかんは、家族を主軸に家事をうまくまわすコツ、家族との時間を大切にできるような案を提案してくれる雑誌。

 

なによりとってもシンプル、広告とかも少ないのでとっても見やすくて好きです。

家族との時間を大切に。そうするための家事育児のコツを教えてくれるこの雑誌はやっぱりチェックしちゃいます。

 

家事、嫌いだからこそこういうところでヒントを得たいんですよね。

 

この雑誌が気になったのはもう一つ理由があって、あさイチのスーパー主婦。

掃除や片付けの話題になると必ずでてくるあの方々…かぞくのじかんでも同じ話題や知恵がでてきます。

だってかぞくのじかんは主婦の友社ですから。

 

それを知って、スーパー主婦の知恵を読みたい、買う!ってなった(笑)

 

 

ちなみにスーパー主婦、こんな書籍もあるんですね。

でも私はこっちを買うの。

シンプルな雑誌の雰囲気と写真があるからとっても読みやすい。今月号はショートブレッドっていうお菓子ものってて気になってます。小さい子でも食べれそうな優しいお菓子。

 

雑誌って広告が多かったり、本当に知りたい情報って宣伝に埋もれていく気がして・・・

シンプルなこういう雑誌の方がいいや。

家事嫌いだからこそ、こういう情報はとりいれたいものなのです。

 

 

ええと、実行するかはまた置いといて。。。

 

 

うん、がんばろ。