読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家事嫌いなのに節約しながら2人の男の子育児する

家事が嫌いです。夫は収入19万。節約しながら家事と戦いながら2人の男児育てます。

kazigirai

2人の男の子育児中。でもおかんは家事嫌い。そんな私はだからこそ日々家事をラクにする術を考える
掃除嫌いがキレイを保持する
家事嫌いが考えるレシピの選び方
片づけ嫌いのお皿洗い嫌いの私の対策、物を減らすこと。

片づけ嫌いのお皿洗い嫌いの私の対策、物を減らすこと。

断言しよう!お皿洗いきらいだーー今日も嫌いだ明日も嫌いだーー

 

 

 

という心の叫び。

飲み込め自分。だって誰も手伝ってくれないのだからー

 

・・・ふ。手伝ってこなかった娘は私です。はい。オカンごめん。結婚してから身に染みたよ。お皿洗い手伝ってほしいものだったんだね。

 

そんな今の私の小さな抵抗は、物を減らすことでした。

 

洗い物が必要最低限になる 

物が減れば単純に洗う数もへるはず。

コップがすくなかったら家族も諦めるか自分で洗うかするでしょう。たぶん。

次から次に新しいコップで飲めばシンクへ、飲めばシンクへ・・・

どんどんたまるコップたち。

たぶんそれってコップの数が多いから。次々使い続けてしまう。

 

キッチン雑貨も同じこと。スプーンとかがどんどこシンクへたまるのは新しい物をつぎつぎ使うから。

 

単純に減らせばいい。

 

ひとり一役しか役割がないものは嫌う

さいばし、おたま、金属ヘラ、木べら、ゴムベラ、ピーラー、スライサー、みじん切りのスライサー・・・・・・

 

などなどキッチン雑貨っていろーんなものがいろーんな用途で存在します。

これらはまだ日常使うものですが、それ専用のものが増えるとかなりごちゃごちゃする。100均は私の天敵です。

 

便利グッズの100均…痒い所に手が届くようなそんな便利グッズが様々あり、私みたいな家事苦手っこさんにはうってつけなものばかりなお店なんですけどね…

 

私はその中でも一人何役もこなしてくれるようなグッズを探します。

 

アボカドカッターとかおにぎらず専用のグッズとか…

専用品だと物が増えるし洗い物も増えるしかさばるし場所ないし狭いしよくない!

アボカドカッターなんてなくても包丁で切れます。

おにぎらずもラップでつつめば作れます。

 

なにも便利だからといって物を増やさない。

 

だったらいろんな野菜や果物が一つの道具で切れるものとか、何役もこなしてくれるもの一つが欲しいです。

 

なぜかって?

洗い物をしたくないからですよもちろん!減らしたいのは洗い物だ!

家事嫌いはミニマリストを目指すべき?

物を減らすといえばここ最近の言葉でいえばミニマリストでしょうか。

断捨離、小さく暮らす、ミニマム、シンプルに・・・

 

私はぶっちゃけあそこまでは目指せない…^^;

物がなさすぎるのも落ち着きませんし。というよりあそこまで究極には減らせなさそう。

でもそこを目指せば今より物が減らせるのかしらとも思います。

 

究極には無理だけど考え方としては正しいはず。

家事嫌いはそこを目指して物を減らす。物が減れば自然と部屋も片づくはず・・・ですよね!

 

 

 

と憧れてみても部屋はついつい散らかっている。片づけない。気にしない。

 

やっぱあれですね。この性格改善が散らかる原因かっ!

だからこそ私は目指すべきなのかもしれません。シンプルに生きることを・・・

ミニマリストの部屋づくり